この食品が疲れ目に効く!

この食品が疲れ目に効く!

 

疲れ目に有効な成分には様々なものがありますが、有名なのはアントシアニンやルテインです。

アントシアニン

アントシアニンは、ブルーベリーなどに含まれる青紫色の色素です。

 

アントシアニンは、視覚情報を脳に伝える働きを高めることができますし、また、それ以外にも抗アレルギー作用や血流改善など色々な効果があります。

 

アントシアニンを摂取するには、ブルーベリーやナス、紫イモなどの食品を食べるといいです。

 

ルテインは、カロテノイドという色素で、紫外線などのダメージから目を守る働きがあるとされます。

 

また、パソコンやテレビなどから発せられるブルーライトの目へのダメージを軽減する効果もあるとされています。

 

さらに白内障などの予防にも効果的とされています。

ルテイン

ルテインはホウレン草などの緑野菜に多く含まれています。

 

疲れ目を予防するには、まずこのブルーベリーとルテインを積極的に摂取していくのがよいです。

 

しかし、なかなか野菜やブルーベリーなどを摂取するのが難しい方は、サプリメントの活用を検討してもいいでしょう。

 

疲れ目改善を謳うサプリメントは、たくさん出ていますから、自分に合ったものを選んで摂取しましょう。

 

疲れ目に有効な成分は、アントシアニンやルテインの他にもたくさんあります。

 

例えば、クロセチンなども目によい成分とされています。

クロセチン

クロセチンは、黄色い天然色素で、抗酸化力に優れています。

 

クロセチンには毛様体筋へ栄養を送り届け、また不要になった老廃物を除去する効果があるとされます。

 

さらに目の血行改善を促す効果があり、目の疲れにたいへん効果的です。

 

体へ吸収されやすいという特徴もあります。

 

クロセチンはクチナシの果実などに多く含まれるとされています。

アイブライト

アイブライトというハーブの一種も目によい効果があるとされます。

 

アイブライトにはアウクピンという成分が含まれており、これには炎症を抑える作用があるとされます。

 

結膜炎など目の炎症を予防する効果が期待できます。

 

またアイブライトには、ケルセチンという成分も含まれていて、これには毛細血管を強化して、血流を改善する効果があるとされます。

 

目の疲れ改善には、目の血行をよくするというのが大事ですから、この成分はとても有効です。

アスタキサンチン

アスタキサンチンという成分もあります。

 

これも色素の一種で、赤い色素です。

 

アスタキサンチンには抗酸化作用があり、目に悪い有害物質を除去してくれる効果などが期待できます。

 

アスタキサンチンと摂取するには、エビやカニなどを食べるとよいです。

 

魚のシャケなどにも多く含まれています。

 

とりあえず、これらの成分が含まれる食品を積極的に摂取していけば、かなり疲れ目を改善できるでしょう。

 

しかし、目の疲れを食品だけで改善するのは難しいのも事実です。

 

目の疲れの主な原因は、日々の生活習慣にあります。

 

長時間テレビやパソコンやスマートフォンの画面を見ていたり、睡眠が不足していたり、運動不足だったなどの生活習慣を改善しないと、目の疲れ除去の根本的な解決にはなりません。

 

生活習慣改善を実施しつつ、食品で有効な成分を摂取していくことが大事です。