間違った目のケアをしていませんか?早めのケアで疲れ目を回復

間違った目のケアをしていませんか?早めのケアで疲れ目を回復

 

パソコンやスマートフォンなどの電子機器に囲まれて過ごす現代人の目は、常に疲れています。

 

特に仕事などで、デスクワークをしている人にとっては、かなり身近な問題と言えます。

正しい疲れ目のケア方法

そこでここでは、正しい疲れ目のケア方法や慢性化してしまうとどうなるかなどを紹介します。

 

毎日のように疲れ目に悩まされている人にとっては、いつもの事なので慣れてしまって気にならないという人も多いかもしれませんが、そのまま放っておくと後々大きな病気へと発展する事も考えられます。

 

目の疲れが慢性的に起きる人は、目のかすみ、目の充血、目の重たさといった目の直接的な症状から肩こり、頭痛、めまいや吐き気を併発する、眼精疲労という病気になる可能性が高いです。

 

肩こりや頭痛が起きるという事は即ち、目の周りの筋肉がこわばっていたり、血流が悪くなっている事で、体のバランスが狂って肩こりや頭痛が起こりやすくなります。

 

こうした事態を少しでも緩和する、セルフケア方法を知っておくと、肩こりや頭痛などの症状が起きにくくなります。

目を酷使しない

一番の疲れ目対策はやはり、目を酷使しない、つまり目を閉じるということでしょう。

 

一見単純に思えるでしょうが、目を閉じて目をしっかり休ませてあげる事で、目の周りの筋肉がほぐれます。

 

それに、涙が目を覆うので目に栄養が入っていきます。

 

可能なら、少し睡眠を取れれば良いのですが、仕事で忙しい場合はそうもいきませんから、1分程度目を閉じるだけでも、充分効果があります。

 

もし用意出来るなら、温めたタオルなどを乗せたりして、目を温めたり、アイマスクしたりするのも効果的です。

 

目に直接栄養素を補給できる、目薬も有効ですが、疲れた目には少し刺激が強すぎる可能性もあるので、使う際は、眼科医の指導を仰いだ方が良いでしょう

 

パソコンを注視して仕事をしているような人は、少し視線を外して、遠い所を見るだけでも目の周りの筋肉が緩み、目の疲れを和らげる事が出来ます。

 

長時間パソコンで作業を行う人は、意識して数分ごとに遠くを見て目の周りの筋肉を緩めましょう。

 

他にも、目の周りにあるツボを押す事で、疲れ目を解消する方法もあります。

疲れ目に効くツボ

疲れ目に効くツボは、目頭近く、鼻の付け根にある窪みにある睛明(セイメイ)、眉頭の下、眉間側にある窪みにある攅竹(サンチク)、眉中央の下側にある骨の縁にある魚腰(ギョヨウ)、眉尻にある骨の縁にある絲竹空(シチククウ)、こめかみの真ん中辺り、少しへこんだところにある太陽、目の下側の真ん中にある骨の縁にある.承泣(ショウキュウ)にあります。

 

多くは目を囲む骨に沿うようにあります。

 

これらのツボを、1つのツボを5秒ずつ指圧する事で、目の神経が休まる効果があります。

 

しかし、強く押しすぎたり、皮膚を強くこすったり、眼球自体を圧迫を圧迫するような押し方をしてはいけません。

 

ここでは代表的なケア方法を紹介しましたが、一番効果的な疲れ目ケアは、充分な睡眠をとる事でしょう。