速読が疲れ目に効果があるって本当?速読で眼筋ストレッチ

速読が疲れ目に効果があるって本当?速読で眼筋ストレッチ

今の時代はパソコンやスマートフォン、さらにゲーム機なども多用しますので、若い世代でも疲れ目で悩んで入る人は少なくありません。

 

さらに合わないコンタクトレンズやメガネを使い続けていることも目の疲れにつながりますので、長く同じものを使っているという人は一度視力測定もやり直して、現在の視力に合うものを選ぶことも考えてみましょう。

 

疲れ目は目を酷使したり、目が乾くことで起こりますが、症状としては目が痛い、目の周りの皮膚が痙攣する、しょぼしょぼする、ピントが合いにくいなどの症状が出てしまいます。

 

そして、症状は目だけではなく、全身におよぶこともあり、肩こりや頭痛、全身の疲れなどが起こることもあります。

 

不快な症状はできるだけ取り除いていきたいですが、目薬や遠くを見るなどで対応しているという人も多いのではないでしょうか。

疲れ目を改善する方法

疲れ目を改善する方法にもマッサージ、つぼ押し、温めるなど様々な方法がありますが、速読も注目されています。

 

速読は書籍や書類をより速く行える方法で、勉強やビジネスに役立てている人も多くなっています。

 

スクールで本格的に学ぶという方法もありますが、関連の書籍なども販売されていますし、インターネットなどでも速読の方法は紹介されていますので、まずは気軽にトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

 

速読を習得するためには一瞬で文字を認識し、それを記憶していく必要があります。

 

最初のうちはなかなかうまくいかないこともありますが、トレーニングを続けていくうちにより速く読めるようになります。

 

慣れてくると視野で認識する範囲が広くなり視線の移動速度も速まりますので、自然に目が鍛えられ、ストレッチ効果も期待できます。

 

本をより速く読めるようになりますので、それだけ読書時間も短くなり、目の負担を押さえることができますし、短時間でより多く読むことができ、速く記憶できますので、短い時間でも多くの本が読めるようになり、知識も深まりますので、目の健康に良いというだけではなく、学力の向上にも役立ちます。

 

通常の読書では一文字ずつ認識していくこととなりますが、速読なら一度に数十、数百の文字を認識できるようになります。

 

このためには視線の移動速度を高めていく必要があり、そのためには眼球を動かす筋肉をしっかり鍛えていく必要があります。

 

疲れ目で悩んでいる人はパソコンやスマートフォンの画面を長時間ずっと眺めていることが多く、この場合は目の筋肉はほとんど使われていません。

 

日常生活では目の筋肉はあまり動かしませんので、速読を行うためには意識して鍛えていく必要があります。

 

ちょっとした時間を利用して、目を動かすトレーニングも取り入れていきましょう。

 

トレーニングといっても特別難しいものではなく、目をぐるぐるをまわしたり、目を上下や斜めに動かすだけでも十分筋肉を鍛えていくことができます。

 

ちょっとした時間で行うことができますし、疲れ目の軽減にも役立ちますので、ぜひ取り入れていきたいところです。