疲れ目と眼精疲労の違い

疲れ目と眼精疲労の違い

 

目が疲れてくると、見え方が悪くなって来たりする事は少なくありません。

 

現代社会ではパソコンやスマートフォンの画面を見る時間も長くなっており、その為に目のトラブルに悩まされていると言う人もいます。

 

目のトラブルとしてよく知られているのが疲れ目と眼精疲労です。

 

両方とも同じ物として扱われてしまう事もありますが、実際には両者に歯違いがあります。

疲れ目

まず一つ、疲れ目と言うのはただ単に目が疲れている事を指します。

 

症状自体はそれ程重いわけではなく、例えば寝てしまえば目がすっきりとして症状が回復する状態の事です。

 

休憩すれば良いだけなので、適度に定期的に目を休めるだけでもこの症状を改善する事は可能です。

眼精疲労

ただ眼精疲労はもう少し違ってきます。

 

確かに目が疲れていると言う状態は同じなのですが、はるかに疲れ目よりも症状は重く、休憩を取ったからと言って回復すると言う訳ではありません。

 

また目が痛いだけでなく、肩凝りなどの他のトラブルの原因となってしまう事、さらに慢性的にその状態になってしまう事な度が特徴として挙げる事が出来ます。

 

症状の重さがとにかく違う、そう理解しておけば良いでしょう。

ドライアイ

例えば眼精疲労の症状の一つであるドライアイは、目の表面が乾いてしまう事を指します。

 

本来は人間の目の表面は涙で潤っており、そのお陰で感染を防いだり、瞬きによって眼球が傷ついてしまう事も防ぐ効果が期待出来ます。

 

しかし涙の量が減ると感染症を起こしてしまったり、栄養が行き届かなくなってしまいいつも目がちりちりとした状態になってしまう事も珍しくありません。

 

またただ単に瞬きをしただけなのに角膜に細かな傷が沢山ついてしまうと言う事も十分あります。

 

とはいっても、疲れ目、眼精疲労ともに原因となる物は似ています。

パソコンやスマートフォンの利用

その一つが長時間パソコンやスマートフォンを利用してしまうと言う事です。

 

ズット同じ場所を見ている事によって目が固まってしまった様な感じがする場合は少なくありません。

 

出来れば定期的に遠くを見て目を動かす事、栄養バランスの良い食生活を心掛ける事菜度が重要です。

 

またマッサージなどをする事によってその症状が改善する場合も少なくありません。

 

目が疲れると言うのは比較的多くの人が感じている事で、さらに休息を取れば改善する場合も多々あります。

 

その為それ程重視されない場合も少なくないのが現状です。

 

しかし本院は疲れ目と思い込んでいても、実はそうではない場合もあるので、自分でもある程度の事が判断できるようにする為にも両者の違いを良く理解しておくと良いでしょう。

 

また余計な目のトラブルを引き起こさない為にも、定期的に休憩時間を確保する事や、必要以上にパソコンやスマートフォンを操作しないなども心がける必要があります。

 

そうすれば症状が悪化する前に状態を改善する事が出来るので、目のトラブルも比較的起こりにくい状態にする事は十分可能です。

 

さらに視力矯正をする時は自分の視力に合った物を利用する事もポイントとなります。