眼精疲労がもたらす深刻な症状

眼精疲労がもたらす深刻な症状

 

目が疲れる、目が痛いといった状態は睡眠を取ったり、少し休むことで落ち着くことがありますが、一向に改善されない場合は眼精疲労の可能性があります。

 

眼精疲労は目の疲れと同じような文字であることから、言い方が変わっただけと考えられがちですが、まったく意味が異なっています。

 

目の疲れや疲れ目と呼ばれるものは休めば改善されるような軽症とされ、眼精疲労は簡単には改善されず、休憩をした後でも目の痛み、肩こり、頭痛などが起こるような重症とされます。

症状がぶり返しやすい点

また、一時的に回復しても、症状がぶり返しやすい点が特徴です。

 

眼精疲労の原因は簡単に言えば目の酷使で、パソコンやスマートフォンなどの電子機器を凝視するような状態や、近視、乱視、老眼などの人がピントの合わないメガネを使用していると起こりやすくなります。

 

その他にもストレスなどによって自律神経に乱れが生じると、視神経に影響を与えて疲れが現れやすくなります。

 

単純な目の疲れでは目が乾く、ピントが合わない、目に異物感があるといった症状が現れますが、重症になると頭痛や肩こりの他に、突発的な吐き気や嘔吐、倦怠感やイライラといった精神的な影響も現れるようになります。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れによって眼精疲労が起こりやすくなると言いましたが、逆方向でも起こりやすく、自律神経を乱す原因にもなってしまいます。

 

結果的に頭痛やめまいだけでなく、放置すれば自律神経失調症やうつ病になってしまう可能性もあるのです。

 

神経に影響を与えて体のだるさを感じると、気分が向上しなくなるなどの問題が起こり、やる気が削がれる、全身が疲れているので何事にも気分が向かないといった状態に陥ることも少なくありません。

ドライアイ

また、頻繁に起こり得るドライアイは目が乾きやすいので点眼薬を使って誤魔化している人も多いようですが、単純に目の水分が失われているというわけではありません。

 

目が潤っている状態では細菌から眼球に感染するのを防ぎ、角膜が傷つかないように保護、さらに角膜への栄養補給という役割を担っています。

 

ドライアイになるとこれらの恩恵が失われてしまい、細菌による感染や眼球、角膜へのキズのリスクが高まるようになってしまいます。

眼精疲労

このことから眼精疲労は、目の疲れという意味だけでなく体に多大な影響を与える要因ともなるので、目が疲れたなと感じたら定期的に休ませる必要があります。

 

目を酷使することが原因となるため、読み書きをする際やパソコン、スマートフォンの操作では一定の距離を保ち、正しい姿勢で行うことが重要となります。

 

また、暗い場所は控える必要がありますが、明るすぎるのも目に負担をかけるため、直射日光の下でも十分な注意が必要です。

 

その他にも緑内障や白内障、眼瞼下垂などの目の病気や、インフルエンザといった身体の病気の時でも発症する可能性があるので、目に異常を感じたり、疲れ目と共に頭痛や吐き気などの症状が出たら病院で診察を受けてみましょう。