疲れ目予防には定期的な休息が必須!

疲れ目予防には定期的な休息が必須!

 

疲れ目で困っている人は数多く存在し、目薬が欠かせないという人もいるでしょう。

 

とはいえ、目薬だけでは疲れ目の改善や予防には程遠く、抜本的な見直し、今現在の目に対する環境を変えないことには予防することはできません。

 

これが発展してしまうと眼精疲労となり、肩こりや頭痛などに変化してしまいます。

 

こうなってからでは対策を立てるにしても解決までには時間がかかります。

 

ですので、疲れ目の段階でなんとかすることが大切であるとともに、疲れ目にさせない、予防するということも大事になってきます。

予防する

例えば、テレビゲームなどで1日1時間までにするように注意されることがあるなど、同じ画面をひたすら凝視してはいけないことをよく言う人がいます。

 

これは画面から出る光が目に悪いからということではなく、同じ画面を見続けることで目の動きがほとんどないために目の筋肉が固まってしまい、結果として視力の悪化につながることが原因のためとされています。

 

人間の目は筋肉によって支えられていますが、遠近のピント調整の役割を持つ水晶体もまた同様に筋肉が支えています。

 

同じ画面を見続けると、同じ状態を維持することになります。

 

これが長時間続いてしまえば筋肉はかたまってしまい、結果として目の疲れの原因となるだけでなく、視力悪化の一因ともなってしまうのです。

 

逆を言えば、こうした疲れ目を防ぐには目を動かすこと、筋肉を疲労させないことが重要であることが分かります。

目にも休息を与える

そして何より大事なのが目にも休息を与えることです。

 

立っている時や座っている時など目の位置は常に筋肉が支えている場所にあり、力が入っている状態です。

 

しかし、横になると、目を閉じた時の位置はまぶたの上にあるため、そのために筋肉が使われず、リラックスした状態を作り出すことができています。

 

ですので、疲れ目を自覚した時にはその日の夜は最低6時間以上の睡眠をとることで目に対する疲労を取り除くことに努めるようにしましょう。

 

寝る前にスマートフォンやパソコンを見るのは目を疲れさせるだけでなく、睡眠すら妨害することになるため、目の疲れを感じた日はできるだけこうした電子機器を使わず、睡眠を長めにとるようにしましょう。

 

その際に、アイマスク型の目の周りを温めてくれるグッズを併用するなどし、目のケアをしていき、休息させる必要があります。

マッサージする

目の周辺、顔で言えば頬骨の上あたりを手で軽くマッサージするだけでも筋肉のコリなどがよくわかります。

 

目を支えている筋肉ですが、そうした疲れは目だけでなく、その周辺にまで影響を及ぼしていきます。

 

そして頭痛や肩こりへと発展した時にはその改善にはかなり時間がかかるようになってしまうのです。

 

サプリメントなどを飲み、予防を心がけることも大事ですが、それだけでなく睡眠で休息をとるといった根本的であり、原始的なやり方によって目の疲れを取り除くということも必要になってくるので、実践することをおすすめします。