疲れ目に効く栄養素はあるの?

疲れ目に効く栄養素はあるの?

 

仕事でパソコンをずっと見ていたり、帰宅中や帰ってからもスマホをいじったりテレビを見たりしている現代人にとって、疲れ目は持病の一つと言えるほど多くの人が抱えている症状です。

 

帰宅中や帰宅後のスマホやテレビを見ないようにすることは出来ても、仕事を「目が疲れているので出来ません」ということは出来ません。

 

自分でできる対策法として、食事から疲れ目改善を目指すことができます。

 

どのような栄養素を摂取すれば、目の疲れを改善することができるのでしょうか。

ブルーベリーは目にいい

目に良いと言われているのがブルーベリーです。

 

ブルーベリーの中に含まれている成分の中にアントシアニンという紫色の色素があります。

 

このアントシアニンは紫色の食べ物がその色で紫外線から身体を守るために作られている色素です。

 

目に入ってきた光を受け取る網膜の表面にあるロドプシンを再生させる効果があり、目がしょぼしょぼしたり、物がぶれて見える時に効果を発揮してくれます。

 

ブルーベリーや黒豆に多く含まれています。

 

アントシアニンと同じ色素で黄色の色素であるルテインは、目の網膜にだけ含まれているのですが、体の中では生成できない栄養素のため、食べ物から摂取する必要があります。

 

ほうれん草やブロッコリー、きゃべつなどの野菜に含まれています。

 

ビタミンAは目の粘膜を保護して涙の量を一定に保つ働きがあるためドライアイで悩んでいる人も摂取したい栄養素です。

 

卵や牛乳、うなぎ、レバーなどに多く含まれています。

 

ビタミン類の中でもB群にも疲れ目解消のために効果的な栄養素が多く含まれています。

 

ビタミンB1は疲れ目の予防、B2やB12は疲れ目の予防の他に粘膜の再生を助けて充血を予防したり改善してくれる効果があります。

 

またビタミンB6は目の重要な部分である水晶体の主成分であるたんぱく質の吸収を促進させてくれる効果があります。

 

豚肉や納豆、豆腐などに多く含まれています。

 

ホタテや牡蠣などの貝類に多く含まれているタウリンは、網膜の新陳代謝を促進させ、牡蠣やたまごに含まれている亜鉛は、視神経の伝達をサポートしてくれるので目の機能低下を防いでくれたり、イワシやマグロなどの魚類に多く含まれているDHAは細胞を活性化させ視力の改善効果が期待できます。

栄養素を積極的に食事の中に取り入れる

これらの栄養素を積極的に食事の中に取り入れるようにすると、疲れにくい目になるサポートをしてくれます。

 

しかし、これらの栄養素は目の疲れを改善するだけではなく、人間が生きていくうえでも欠かすことができないものばかりです。

 

目が疲れているからこれらの食品だけ食べればいい、というわけではありません。

 

毎日の食事が外食やコンビニ食だったり、ダイエットを行っているからと過度に食事の摂取量を減らしてしまっていれば、目だけではなく身体の健康を損なってしまいかねません。

 

栄養バランスを考えて偏りのない食生活を送りながら、これらの食材を積極的に摂取していくようにしましょう。