疲れ目になってしまうメカニズム

疲れ目になってしまうメカニズム

 

疲れ目になる原因はいくつかあり、まず挙げられるのが視力の矯正不良です。

 

近視や遠視、乱視、老眼といった症状を改善する為にメガネやコンタクトレンズが利用されていますが、こういった矯正器具は適切なレベルで調整しないとたちまち目の疲れの原因になってしまうのです。

適切に調整されている場合

適切に調整されている場合ですと目との調和が取れていますので眼筋にも余計な負担を掛けることはありませんが、しかし矯正力が弱かったり反対に強過ぎる状態ですと眼筋のほうでもピントを調整しようと過度に働きますので、それによって疲れ目になってしまいます。

 

したがって疲れ目を感じている時は矯正器具が目に合っていないという表れの可能性がありますし、定期的に調整をするなりして常にベストの状態を保てるように心掛けた方が良いでしょう。

パソコンや携帯電話

パソコンや携帯電話、テレビといったものも疲れ目のひとつの原因です。

 

これらの道具はもはや現代人には欠かすことができない存在となっており、多くの人の生活に密接に関係しています。

 

それゆえに接する時間も長くなり近くを見続ける習慣ができています。

 

そして近くを見続けるというのは目にとって大きな負担になってしまうのです。

目のピント

そもそも目のピントが合うのは網様体筋という眼筋が水晶体の厚みを調整してくれているからなのですが、近くを見ている時は網様体筋が収縮して水晶体を膨らませています。

 

その状態が続くことによって網様体筋が疲れてしまい、ピント調整機能も低下します。

 

ピントをスムーズに合わせることができなくなれば余計に眼筋に負荷が掛かり易くなり、それによって疲れ目に陥り易くなるのです。

 

ですからパソコンなどを長時間見ることが増えている現代人は目が疲れ易いのは必然であり、正に現代病とも言える症状です。

遠くをぼんやり見ている時

なお遠くをぼんやり見ている時は網様体筋がリラックスしている状態で眼筋への負担を小さくすることができます。

 

よく遠くを見ることが大切と言われていますが、これは眼筋を休める為の目的がありますし、疲れ目の改善として有用な最も手軽な対策方法と言えるでしょう。

何らかの病気

その他にも原因として何らかの病気に掛かっている可能性も疑ってみた方が良いかもしれません。

 

眼病をはじめ、脳の異常や更年期障害、自律神経失調、循環器系や消化器系などの病気によって目にも影響してくることがあります。

 

病気が原因になっている場合は目が疲れるだけでなく、目の奥が痛くなったり、眼圧が高い、かすみ、充血などの症状が現れることもありますし、頭痛や肩こり、吐き気などを伴うケースもあると言われています。

 

さらには体にも何らかの症状が出ることもありますので、目が疲れ易くなった時には体全体の健康状態について気を配ってみた方が良いと言えます。

 

色々な原因によって目に疲れが発生してしまいますが、要因になっていることを知り対策をすることで改善できる可能性がありますし、不調のサインでもありますから放置しないことが大切です。