現代社会に多い疲れ目の特徴

現代社会に多い疲れ目の特徴

 

近年、職場で長時間パソコンを使用するだけでなく、日常生活でもスマートフォンやゲーム機、テレビ等で目を酷使することが多く「目の奥が痛い」「目の周りの皮膚が痙攣する」「目に異物感がある」といった目の疲れやトラブルを感じる人が増加しています。

 

このような症状のことを「疲れ目」と言い、現代病の1つとも言われています。

疲れ目の特徴

疲れ目は、休憩や睡眠をとることで回復する目のことを言いますが、これを重症化したものを「眼精疲労」と言います。

 

眼精疲労になると自律神経が乱れ、頭痛や肩こり、慢性的な頭痛など仕事や日常生活にも影響し、回復にも時間を要するため進行しないよう日々のケアや対策が必要です。

 

そこで、日常生活で出来る、疲れ目の予防法をご紹介します。

1.こまめに休憩を取る

長時間パソコンなどを見続ける場合は、こまめに休憩を挟むようにしてください。

 

目安は1時間に10~15分程度です。

 

その間に5m以上の遠くを見ることで、目がリラックスし、疲労回復に役立ちます。

 

他にも目薬をさす、目の疲れを取るマッサージをする、軽く目をつぶりしばらくじっとしているといったケアも効果的です。

 

市販のアイパックや、蒸しタオルで目を温めるのも良いでしょう。

2.ディスプレイの距離と見る姿勢

パソコンのディスプレイを見る場合は、画面との距離を40~50cm以上とるのが好ましいです。

 

視線は、やや下向きにすることでドライアイの予防にも繋がります。

 

姿勢は、背筋を伸ばして椅子に深く腰掛け、足を床に密着させます。

 

この時足を組んだり、猫背にならないよう注意が必要です。

3.眼鏡やコンタクトが適正なものか確認をする

視力は、年齢と共に日々変化していきますので、これまで使用していた眼鏡やコンタクトの度数がずれている可能性があります。

 

度数がずれることにより、目に疲労が溜まりやすく、頭痛や吐き気などを引き起こす原因になりますので、定期的に病院や健康診断などでチェックすると良いです。

4.マッサージや眼球の運動をする

・眼球を上下左右、ぐるぐる回す

目の周りの筋肉がほぐれ、血行が良くなります。

・目頭のツボをおさえる

目頭のツボは、目の疲労の予防に効果的です。

・こめかみを圧迫し、離す

こめかみのツボは、頭痛や目の充血予防に効果的です。

5.部屋とディスプレイの明るさ

部屋の明るさを十分に保ち、パソコンなどのディスプレイよりも暗くならないよう設定します。

 

ただし、部屋が明る過ぎるとこちらも目に良くないため、注意しましょう。

 

また、ブルーライトをカットするのも効果的です。

6.ビタミンを摂取する

目の健康に欠かせないのが「ビタミンA」と「ビタミンB群」です。

 

ビタミンAは、人参・ブロッコリー・ほうれん草・かぼちゃなどに多く含まれています。

 

ビタミンB群は、豆腐・うなぎ、イワシ・サバ・サンマ・納豆などに多く含まれています。

 

このビタミンが不足すると目が疲れやすくなるため、積極的に摂取すると良いです。

 

もし難しい場合は、サプリメントで摂取するのもおすすめです。

 

仕事が忙しいなどの理由で、ケアを怠り、知らず知らずのうちに酷使しがちな目。

 

日常的にケアをすることで、健康的な毎日を過ごしましょう。