疲れ目用の目薬について

疲れ目用の目薬について

 

疲れ目は現代人の生活において非常に身近にあります。

 

パソコンでの長時間ワーク、スマホ、ゲームなど日常生活で目を酷使する環境は沢山あります。

「疲れ目」とは具体的にはなぜ起きるの

とはいっても、「疲れ目」とは具体的にはなぜ起きるのでしょうか。

 

そのためには目が見える仕組みを知ることが大切です。

 

私たちの目は外部からの光を物として目に写す作業と目に写った情報を脳へ伝達させる働きがあります。

 

物を写す作業は眼球にある毛様体筋が収縮することによって水晶体の厚みを変化させてピントを合わせる作業です。

 

一方、その光の情報を網膜に無数に存在しているロドプシンという物質がその情報を脳へと伝達させます。

 

つまり、目を酷使すると毛様体筋が緊張状態にあり疲労状態になる眼精疲労、視覚情報が大量に脳に送られることにより脳が疲労して起きる頭痛や倦怠感、目を使いすぎてロドプシンが減少してしまうことによる目の曇り、見えづらい、チカチカするといった違和感、と疲れ目から表れる症状は一つではないのです。

目薬などのケアも使い分ける

私たちは「疲れ目」とひとくくりにしてしまっていますが、その不快症状の出所により目薬などのケアも使い分けると一層効果的です。

 

また、疲れ目だと思っていても実は目を酷使していることが理由ではなく、目の表面が乾いてしまうドライアイや目の充血により不快症状が出ているということも少なくありません。

 

人気の目薬は、まずドライアイの場合はヒアルロン酸が配合されているなど、一般の目薬よりも潤いが強く、なおかつ目の補修効果が期待できる成分のものです。

 

見た目がトロリとしている粘度の高いものだと、目に留まる時間も長くなるので一層効果を感じることができます。

 

一般のものに比べて非常に粘度が高い目薬も今は市販されており、人気となっています。

 

毛様体筋の使い過ぎから来る疲労の場合は、ビタミンB12やビタミンB6配合のものが疲労を回復させ、目をリフレッシュさせてくれる効果があり、ビタミンE配合のものは目の血行を促進させてくれ、抗酸化作用、抗炎症作用もあるため充血にも効果があります。

 

また、メチル硫酸ネオスチグミン、ネオスチグミンメチル硫酸塩は目のピント調節機能を改善したり、ピント調節機能の使い過ぎによる疲れを改善させる効果があります。

 

ビタミンAやタウリンは角膜細胞を再生させたり、目の組織の代謝を活性化させるため、潤いを保持すると共に機能を回復させる効果が期待され、人気の成分となっています。

 

原因が良くわからないので何を選べばよいかわからないという人は、まずはビタミンB6配合の目薬がおすすめです。

 

ビタミンB6は視神経の機能維持に必要な成分で、眼精疲労に効果のある目薬には大抵使われています。

 

配合されている成分によっては高価になるものもありますが症状によって自分には必要がないこともありますので、まずはシンプルに眼精疲労に良いと言われる成分だけが配合されているコストパフォーマンスの良い物から試すことがすすめられるため、人気となっています。