疲れ目を解消するには眼精疲労を予防する

疲れ目を解消するには眼精疲労を予防する

 

スマートフォンやパソコンなどの電子機器で目を酷使し、疲れ目を招くことが増えています。

 

他にもゲームのやり過ぎや暗いところでの作業など様々な要因で目は疲れ、疲れ目となりがちです。

 

この状態が更に悪化してしまうと眼精疲労になってしまいまうので注意が必要です。

 

疲れ目は目だけの疲れにとどまりますが、眼精疲労は目の痛みや肩こりという他の部位にまでその症状が出てしまいます。

 

ですので、眼精疲労を予防し、疲れ目を解消することが求められます。

疲れ目の原因

まずは疲れ目の原因を探らなければなりません。

 

目を支えるのは何本もある筋肉です。

 

つまり、この筋肉が疲労することで目が疲れるということです。

 

例えば、眼球を同じ場所にとどめておくとその維持だけで目の周りの筋肉を疲れてしまいます。

 

一方、ピント調整の役割を果たす水晶体を支える筋肉もまた近くを見続けることで固まってしまい、疲労を起こします。

 

こうしたことから、目を動かさない、同じ場所を見続けることがどれだけ目にとって辛いことなのかがわかります。

 

それゆえ、スマートフォンやパソコンなどの電子機器で目が疲れるのは同じ場所をずっと見ていることや眼球の運動が行われないことで発生するということになります。

疲れ目を解消

疲れ目を解消するには睡眠が第一です。

 

睡眠を6時間、7時間ととることによって目を休ませることができます。

 

目を閉じた場合、眼球がまぶたの上の方に行きます。

 

そうすることで筋肉が無理のない形となり、安静にすることが可能なのです。

 

目の中に光が入ってくると活動してしまいがちですが、光を司る黒目がまぶたの上に行ってしまえば光が入ってくることがないため安心です。

 

または、目の周辺を温めるというのも大変効果的です。

 

温めることによって血液の流れを良くし、目の筋肉にあった疲労物質を取り除いてくれます。

 

温泉に入って固まった筋肉がほぐれていく感覚があるのと同じようなことを目に対してもしてあげると目の疲れを改善することができます。

 

目の周りを温かくさせる方法はいくつかあり、最近では目の周りを温めてくれるアイマスク型の商品も登場するなど、眼精疲労を予防するようなグッズがよく出ています。

 

手軽にできるものとしては蒸しタオルがあります。

 

電子レンジなどで温めたものをそのまま使うことができますが、その際に注意したいのが加熱直後の蒸しタオルをすぐ目に置く行為です。

 

目の周りがヤケドしてしまう可能性や目自体に大きなダメージを与えかねません。

 

ですので、熱すぎず、冷たすぎずというちょっと温かい程度にして使用するようにしましょう。

筋肉を疲れさせないかが大事

目の疲れを解消するにはいかに筋肉を疲れさせないかが大事です。

 

同じ場所ばかり見るのではなく、たまには遠くを見て、目のストレッチをすることも重要です。

 

目に関するトラブルはもはや現代病とも言えますが、それを改善する方法は今も昔も変わらず、目の周りを温める、そして睡眠です。

 

あとは目に負担をかけないように心がけるようにしましょう。