PCやスマホで疲れ目のあなたにブルーベリーサプリメント

PCやスマホで疲れ目のあなたにブルーベリーサプリメント

 

網膜の視細胞の中にはロドプシンと言う物質が含まれています。

 

眼のレンズを通して、網膜に届いた光を、このロドプシンが電気信号に変えて、死神経を通じて脳に刺激をあたえることで、「物が見える」のです。

 

もうまくに光が当たると、そのたびにロドプシンは分解され、次の光が来た時に、光が来たことが分かるようにすぐに再生(再合成)されています。

 

例えば、パソコンやスマホを長い時間続けて、疲れ目になると言う事はロドプシンの働きが低下していると言う事で、棹のような時は、物が見えにくくなったり、子会が曇ったように感じたり、目がチカチカとしたりします。

 

疲れ目を眼精疲労とも言いますが、眼精疲労が進まないようにするには、ロドプシンの再合成ヲサポートして、その働きを低下しないようにしなければなりません。

アントシアニン

ロドプシンの再合成をサポートできるのがブルーベリーに含まれているアントシアニンという物質です。

 

アントシアニンはロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労時の視力を回復させる作用があります。

 

世界的に見て一部の国ではアントシアニンは医薬品として認められていますが日本では、研究中の段階であり、今は医薬品として法律的に認められてはいません。

 

もともと、アントシアニンは植物自身が紫外線に当たった時、紫外線の害から所いく物自身を守るために作る物質ですので、目においても、紫外線の害から守ってくれます。

 

アントシアニンを多く含む植物の一つにビルベリーがあります。

ビルベリー

ビルベリーのアントシアニンは、明るいところから暗い所へ入った時、時間が過ぎて暗い所にも慣れて目が見えるようになること(暗順応)に対する研究が盛んに行われています。

 

この結果ガアントシアニンの夜間の視力改善に対する科学的根拠となっています。

 

アントシアニンでもう一つ、カシスアントシアニンが、暗順応の改善効果や、眼精疲労や、落ち時的に禁止を防ぐ効果があると言われています。

 

カシスアントシアニンには、毛様体の緊張を和らげる作用があるので、パソコンやスマホによる疲れ目に特に効果があることが分かっています。

白内障

高齢になると眼の水晶体が曇ってくる白内障と言う病気があります。

 

水晶体はタンパク質でできており、年齢を重ねると、子もタンパク質が変性して白く濁り、視力が落ちて来るのです。

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、抗酸化作用があり、水晶体を紫外線のダメージから守ることにより、白内障の予防につながります。

 

白内障は50歳くらいからは十まり、80歳くらいまでにほとんどの人がかかりますので、若いうちカラアントシアニンノサプリメントを摂取する事で予防をする事がおすすめです。

 

しかしながら、ブルーベリーを食事として、毎日食べる事は現在の日本では困難です。

 

このような場合は賢くブルーベリーサプリメントを利用すべきでしょう。

 

過剰症が、心配要りませんが、サプリメントに書かれた目安量を守って飲むことは特に重要です。