あなたは疲れ目?それとも眼精疲労?

あなたは疲れ目?それとも眼精疲労?

 

IT化社会になり、国民病に近くなっている目の疲れ。

 

会社や学校でも、パソコン操作からは逃げられず、プライベートでもテレビやスマホの画面を見る時間が増えています。

 

そんなことから、目の疲れからくる不調を訴える方は年々増えています。

 

さて、そんな目の疲れですが、意外と軽視されやすく知られていないことが多いのです。

 

では、目の疲れの基礎知識として「疲れ目」と「眼精疲労」の違いについて考えていきたいと思います。

 

まずは、この2つは同じだと思われている方がほとんどです。

 

違いはといえば、簡単に言えば疲れの度合いと考えていただければ良いでしょう。

疲れ目

軽い目の疲れが、疲れ目と呼ばれます。

 

これは、どのくらいの疲れの強度かといえば一晩寝て起きれば解消する程度の症状を指します。

 

ですから、目薬を差したり、遠くを見るなど休憩を挟むなど気をつけるだけで自分で簡単に改善ができるのです。

 

その反面、眼精疲労となるとそうは行きません。

眼精疲労

眼精疲労は、慢性的な疲れのことを指します。

 

寝て起きても頭が重くて眼底が痛む等の症状が出ている場合を言います。

 

かなり重症である場合が多く、眼精疲労によって、体の色々な箇所に異常がでていることが多いのです。

 

では、これを踏まえて疲れ目なのか、眼精疲労なのか判断していくことにしましょう。

 

疲れ目は、基本的に軽度な症状であると先ほど書きましたがどの程度が軽度というのでしょうか。

 

例えば、目がショボショボするというのは、軽度の症状です。

 

また、涙が出るという方もいらっしゃるでしょう。

 

疲れて、物がかすんでみる、ぼやけて見えるという症状も良くあることです。

 

病的でない、目を瞑ってしばらく待てば解消する。

 

休憩することで、改善する症状は全て疲れ目だと思って間違い有りません。

 

さて、次ぎに眼精疲労です。

 

これが元になる諸症状に病名が付いていることが多いのが、特徴と言えます。

 

たとえば、目が乾いて痛むという症状があります。

ドライアイ

これは、ドライアイという病名がついており治療対象として近年では専門医が存在するほどです。

 

また、付属症状として肩こりや眼底の痛み酷い場合には吐き気や目眩などにも繋がるのです。

 

ここまで来ると既に立派な病気であり、医師によって診察の上で治療をする対象となるわけです。

 

このような大きな違いがあります。

網膜剥離

たかが目の痛みと甘く見ていると、酷い場合には網膜剥離などの原因となる場合もあります。

 

網膜剥離では酷い場合は、失明につながることもあります。

 

ドライアイであっても、眼球の乾燥によって角膜に傷が付くことは皆さんご存じの通りです。

 

この傷から細菌などが入り、色々な視力障害を引き起こすことも多く近年ではドライアイは軽視出来ない症状として注意喚起されています。

 

そんなことから、目の疲れを感じた場合は疲れ目で終わるように目を休めることを忘れないという心がけが必要です。

 

パソコンなどの作業をする際も、1時間作業をしたら15分休憩する等、目を休める時間を作ることを心がけて下さい。